烏賊先生のプログラミング道場

プチコン3号


参考資料

§ スプライト操作6・内部変数 §

スプライトには、夫々0~7の内部変数と呼ばれる数値を格納する場所が用意されて居ます。此の内部変数に、其のスプライト固有の数値(座標や回転角度等)を格納して置くと便利です。

下記のプログラムでは、200本のチューリップが夫々個別に回転します。此の時、各スプライトの回転角度を、夫々の内部変数に格納して居ます。 ボタンで終了します。

0000001OPTION STRICT
0000002ACLS
0000003DIM  I,B,A
0000004
0000005FOR  I=0  TO  199
0000006  SPSET  I,19
0000007  SPOFS  I,RND(384),RND(224)
0000008  A=RND(360)
0000009  SPROT  I,A
0000010  SPVAR  I,0,A
0000011  SPHOME  I,8,8
0000012NEXT
0000013
0000014WHILE  TRUE
0000015  B=BUTTON(0)
0000016  
0000017  'QUIT
0000018  IN  B  AND  64  THEN  BREAK
0000019  
0000020  FOR  I=0  TO  199
0000021    A=SPVAR(I,0) : INC A
0000022    SPVAR I,0,A
0000023    SPROT  A
0000024  NEXT
0000025  
0000026  VSYNC  1
0000027WEND
0000028ACLS : END



ゲームプログラミング道場 ニンテンドー3DS Smile BASIC  Visual Basic,Visual C#

Copyright © King of Squid, All rights reserved.