烏賊先生のプログラミング道場

プチコン3号


参考資料

§ 入力デバイス・拡張スライドパッド §

拡張スライドパッドの状態は、STICKEXステートメントで取得する事が出来ます。猶、拡張スライドパッドを使用するには、前以てXON EXPADを宣言して置く必要が有ります。亦、SPCOLステートメントとSPHITSP関数を使用する事でスプライト同士の衝突判定を簡単に行う事が出来ます。

下記のプログラムでは、スプライト(騎士)が、拡張スライドパッドで上下左右に動きます。スプライト(姫)と接触すると、ハートを表示して終了します。

0000001OPTION STRICT
0000002XON EXPAD
0000003ACLS
0000004DIM X,Y,DX,DY
0000005SPSET 0,660:SPCOL 0                 ' 騎士
0000006SPSET 1,600:SPCOL 1:SPOFS 1,192,160 ' 姫
0000007WHILE TRUE
0000008  STICKEX OUT DX,DY
0000009  X=X+DX
0000010  Y=Y-DY
0000011  SPOFS 0,X,Y
0000012  IF SPHITSP(0)>=0 THEN BREAK
0000013  VSYNC 1
0000014WEND
0000015SPSET 1,601:SPOFS 1,192,160
0000016SPSET 2,222:SPOFS 2,192,140         ' ハート
0000017VSYNC 1
0000018




ゲームプログラミング道場 ニンテンドー3DS Smile BASIC  Visual Basic,Visual C#

Copyright © King of Squid, All rights reserved.